読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プリニウスはコスパ効果が最強!ヤマザキ

安い
次巻も楽しみ。テルマエロマエより作品自体がレベルアップして!一コマ一コマ舐め回す様に見てます。ヤマザキマリ氏の古代ローマ歴史漫画第2巻です。

こちらになります♪

2017年02月26日 ランキング上位商品↑

プリニウス ヤマザキプリニウス(2) [ ヤマザキマリ ]

詳しくはこちら b y 楽 天

ローマにたどり着いたプリニウスたちですが!元老院との軋轢などの心労で疲れ切った皇帝ネロとはあまり良い関係とは言えないようです。面白い! その上この作品は、古代ローマの資料のような処もあり、絵ひとつとっても、建物、服装、食べ物、全てに於いて、眺めているだけで学べ、またこの時代、こんなものがこんな病状に良いとされていたんだ、と言う雑学的なものまで知る事が出来るというお得感(笑)。繁栄と栄華を誇るローマも路地裏では魔窟の様子を晒し市民の心も穏やかではないようです。。背景と人物 シナリオがトータルで楽しめます。若き書記官は恋わずらい、軍人は妻の尻に敷かれ、謎の美少女娼婦も登場。また皇帝ネロが!伝わる人物像とは少々違った形で描かれているのが興味をそそります。帝都の闇に交錯する人間模様を色濃く描く、歴史伝奇ロマンの第二巻!2巻になって、様々な人が動き始め、登場人物全てがとても人間的で親しみの持てるようになって来ました。暴力を性がうごめく街で博物学者は持病に苦しみ!皇帝の鬱屈は爆発寸前。これを知るとやはりなんでも共同作業でないとレベルアップしない事がわかります。続きが気になる次第です。面白いです。絵の処々に、パソコン処理なのか、不自然な感覚を覚える処があって、妙に時代錯誤な感覚になり気になるので、-☆ひとつですみません。ヤマザキマリさんは裏切らない!テルマエロマエよりも面白いです。夜な夜な街を徘徊するネロや持病に苦しむプリニウスなどそれぞれが苦悩を抱えた人間模様が描かれています。店頭で1巻を購入して気に入ったので続きの3巻購入。